img_02

コンセプト

隠しておきたい「もう一つの家」

インターネットで簡単に繋がることができる時代だからこそ、顔を合わせて会話することが大切だと感じています。 小料理屋は昔ながらの社交の場。どなたでも気軽に入って頂いてこの店で、色々なお客様との会話を含めて楽しんでいただけたら。 そんな思いからこのお店をオープンしました。 話しをするまでもなく、大正ロマン漂うゆっくりと寛げる空間で、 自分だけの時間を心ゆくまで満喫していただければ嬉しいです。
料理は、日替わりでカウンターにずらりと並ぶ大皿料理(おばんざい)です。 長浜市場にほど近い立地ならではの新鮮な魚と旬の野菜や食材を使い、 食べ終わった時には、知らずに野菜もちゃんと取れるように。お料理の 付け合せにも野菜を付けるように心がけています。 皆さまの「もう一つの家」になれますよう、心から、私なりのおもてなしを したいと思っております。どうぞお一人様でもお気軽に ご来店下さい。
                小料理家せいこ 松岡勢子
〈略歴〉
博多城山ホテル(日本料理 滝の茶屋) 6年勤務
西中洲 小料理家ほおづき 2年半勤務
福岡市中央区 とりなべマルニ 3年勤務
その他は、会社員として働いていました。 職種は違っても、食べることが大好きなので、ずっと食に関係ある職場で 働いてきました。自分も会社員として働いていた経験があるからこそ、お客様の気持ちが わかり、共感できるのが強みだと思っております。

[ 小料理家せいこ ]

温かみのある空間と料理、ジャズが流れる落ち着いた店内で、
ゆるりと寛ろぐ自分だけのひと時を